最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟 (幻冬舎新書)

  • 64 読みたい
  • 7 現在読んでいるもの

発行元 有本香 .

    Download はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟 (幻冬舎新書) 本 Epub や Pdf 無料, はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟 (幻冬舎新書), オンラインで書籍をダウンロードする はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟 (幻冬舎新書) 無料で, 本の無料読書 はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟 (幻冬舎新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟 (幻冬舎新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小林よしのり┴有本香
    • レーベル:  幻冬舎新書
    • 発売日:  2011年09月30日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000400222
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    国際社会が、いわゆる中国(中華人民共和国)をふつうに「チャイナ(あるいはシナ)」と呼ぶ中で、なぜ日本だけが、かつては使っていた名称「支那」を差別語扱いして自主規制せねばならず、そう呼べない風潮が広がっているのか? ーーそもそもここに日中関係の本質的問題点がある。国家エゴを押し付ける中国の覇権主義「全球化」を、アメリカ的グローバリズムから読み解き、世界的な視点で、この「ウザい隣国」を論じた、いまだかつてない“中国”論。

あなたも好きかもしれません

はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟 (幻冬舎新書) by 有本香 ダウンロード PDF EPUB F2