最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

出生前診断の現場から 専門医が考える「命の選択」 (集英社新書)

  • 87 読みたい
  • 79 現在読んでいるもの

発行元 沖田×華 .

    Download 出生前診断の現場から 専門医が考える「命の選択」 (集英社新書) 本 Epub や Pdf 無料, 出生前診断の現場から 専門医が考える「命の選択」 (集英社新書), オンラインで書籍をダウンロードする 出生前診断の現場から 専門医が考える「命の選択」 (集英社新書) 無料で, 本の無料読書 出生前診断の現場から 専門医が考える「命の選択」 (集英社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 出生前診断の現場から 専門医が考える「命の選択」 (集英社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  室月淳
    • レーベル:  集英社新書
    • シリーズ名:  出生前診断の現場から 専門医が考える「命の選択」
    • 発売日:  2020年02月28日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4820000007172
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「胎児の異常がわかったら、あなたはどうする?」晩婚化にともない出産の高齢化が進む中、「出生前診断」を希望する妊婦が増えている。流産リスクがある羊水検査とは異なり、採血だけでダウン症等の染色体異常がわかる「新型出生前診断」(NIPT)が二〇一三年に開始されたが、そもそもNIPTとはどういう検査で、妊婦は何を判断し結果に備えればよいのか。そして医療テクノロジーの最前線はどうなっているのか。出生前診断の「現場」に長年関わり最先端研究者でもある著者が、出生前診断を受けるかどうか迷う妊婦に正しい情報を伝え、同時に「命の選択」の本質を考える。大宅壮一ノンフィクション賞『選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子』著者、河合香織氏推薦! 【目次より】○いわゆる「高齢妊娠」について ○上の子が染色体疾患の病気だったとき ○超音波検査で異常を指摘されたとき ○検査の原理と精度 ○遺伝カウンセリングとはなにか ○リスクの客観的評価 ○産む・産まないという選択と検査を受けないという選択 ○出生前診断の倫理的問題 ○胎児遺伝子診断の現在と未来

あなたも好きかもしれません

出生前診断の現場から 専門医が考える「命の選択」 (集英社新書) by 沖田×華 ダウンロード PDF EPUB F2