最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻 (幻冬舎文庫)

  • 71 読みたい
  • 14 現在読んでいるもの

発行元 大鐘稔彦 .

    Download 孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻 (幻冬舎文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻 (幻冬舎文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻 (幻冬舎文庫) 無料で, 本の無料読書 孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻 (幻冬舎文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻 (幻冬舎文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大鐘稔彦
    • レーベル:  幻冬舎文庫
    • シリーズ名:  孤高のメス
    • 発売日:  2011年04月13日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000400120
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    当麻は台湾でも着実に評価を高め、日々多くの患者が訪れていた。そんな折、台湾の国際外科学会に、彼が日本を去る一因を作った反当麻の急先鋒、徳武が顔を見せ、不穏な空気が流れる。一方、当麻を失った病院では、医療の質が落ち、患者の数は減るばかり。経営が悪化する中、島田院長の言動に明らかな異変が現れ、事務長らは追い込まれて行く……。

あなたも好きかもしれません

孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻 (幻冬舎文庫) by 大鐘稔彦 ダウンロード PDF EPUB F2