最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

サバイバル猟師飯:獲物を山で食べるための技術とレシピ

  • 1 読みたい
  • 40 現在読んでいるもの

発行元 大工道具研究会 .

    Download サバイバル猟師飯:獲物を山で食べるための技術とレシピ 本 Epub や Pdf 無料, サバイバル猟師飯:獲物を山で食べるための技術とレシピ, オンラインで書籍をダウンロードする サバイバル猟師飯:獲物を山で食べるための技術とレシピ 無料で, 本の無料読書 サバイバル猟師飯:獲物を山で食べるための技術とレシピオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 サバイバル猟師飯:獲物を山で食べるための技術とレシピ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  荒井裕介
    • 発売日:  2017年07月12日
    • 出版社:  誠文堂新光社
    • 商品番号:  5591214419240
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    山で獲った獲物を解体し、肉を整理する。

    焚き火をおこし、自作のポッドハンガーにぶら下げたクッカーで湯を沸かしながら、油を引いたスキレットで獲れた肉を焼き始める。


    まずはあまり凝らずに塩と胡椒だけで味を付け、しっかり焼けたらナイフで一口大に切り、口へ運ぶ。

    この肉はどんな味がするのか、毎回獲物を獲ったあとの楽しみである。


    残った肉は焚き火でいぶして、翌朝サンドイッチにしよう。

    こうすることで、より長く保存することが可能だ。

    旨味も増し、スープの具材やつまみとしても重宝する。


    獲物を美味しく食べること、それは猟師の楽しみであると同時に、命に感謝することに繋がると思う。

    この本では、熊、鹿、猪、鳥類、魚類、穀物など、これらを山中でどうしたら美味しく食べられるのか、著者がマタギから学んだ方法や、独自に編み出したサバイバルレシピを交え、紹介していく。

あなたも好きかもしれません

サバイバル猟師飯 獲物を山で食べるための技術とレシピ by 大工道具研究会 ダウンロード PDF EPUB F2