最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

  • 52 読みたい
  • 30 現在読んでいるもの

発行元 大倉崇裕 .

    Download 福家警部補の挨拶 (創元推理文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 福家警部補の挨拶 (創元推理文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 福家警部補の挨拶 (創元推理文庫) 無料で, 本の無料読書 福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 福家警部補の挨拶 (創元推理文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大倉崇裕
    • レーベル:  創元推理文庫
    • シリーズ名:  福家警部補シリーズ
    • 発売日:  2013年09月26日
    • 出版社:  東京創元社
    • 商品番号:  4744700200000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    冒頭で犯人の視点から犯行の経緯を語り、その後捜査担当の福家警部補がいかにして事件の真相を手繰り寄せていくかを描く倒叙形式の本格ミステリ。本への愛ゆえに殺人も辞さない私設図書館長の献身「最後の一冊」、退職後は大学講師に転じた元科警研主任が厭わしい過去を封じる「オッカムの剃刀」、二女優の長きにわたる冷戦がオーディションを機に火を噴く「愛情のシナリオ」、経営不振で大手に乗っ取られる寸前の酒造会社社長が犯す矜恃の殺人「月の雫」、以上四編を収録。刑事コロンボをこよなく愛する著者が渾身の力を注ぐ第一集。

あなたも好きかもしれません

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫) by 大倉崇裕 ダウンロード PDF EPUB F2

主人公の飽くなき「正義」への追及はとても感動出来る作品。
ドラマを見て面白かったので読んでみようと思い、楽天KOBOで購入。
ドラマと違う部分が多少ありましたが、全体的な流れは古畑任三郎のような、最初に犯人が人を殺しそれを追い詰めていくというお話で変わりはありませんでした。
古畑任三郎が好きだったのでとても楽しく読めました。
気軽に読むにはとてもいいです。TVとの違いも分かってチョット面白かったです。